採用情報

先輩インタビュー

女性も安心して長く働ける。それが〈ながしん〉を選んだ決め手でした。

〈ながしん〉に入庫を決めた理由

「結婚・出産などのライフイベントを迎えてもキャリアを中断することなく、安心して長く働けるところへ」。そんな軸を持ち、もともと興味のあった金融業界を中心に就職活動を行う中で出会ったのが長浜信用金庫。私にとってなじみ深い湖北地域の人々の暮らしや事業をお金という根本的なところから支え、元気にする〈ながしん〉なら、私の理想の生き方が叶う気がしたのです。企業訪問をした際に、幅広い年齢層の女性職員が笑顔で生き生きと働く姿を見て、就職後の自分の姿をイメージできたこともプラス材料になりました。

私は今、こんな仕事をしています

融資課の一員として、住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなど各種融資案件の書類作成をメインとした後方支援業務を行っています。振り返ると、入庫したばかりの頃は職場で飛び交う金融の専門用語に「???」状態で、自分にこの仕事が務まるのか不安になることもたびたびありました。でも、先輩方からアドバイスをいただいたり、自分でも勉強したりするうちに「これは何のための手続きか」「次は何をしなければいけないか」などがだんだん分かるように。そして少しずつですが、ひとりでできることが増えてきた今、仕事に対する思い入れはより一層強くなっています。

成長エピソード

よく「金融機関で働くと、ずっと勉強が必要」と言われますが、それは当金庫においても例外ではありません。実際、私は毎月の通信講座をはじめ、保険、財務、為替、法律、簿記など、さまざまな分野の資格試験や研修を受けています。でも学ぶことはすべて、業務に直結する重要な知識ばかり。身につけた知識によって、仕事の幅が広がったり、自分の成長を実感できたりするのがとてもうれしいです。

就職活動中の皆さんへ

就職活動はこれまでを振り返り、未来を想像する、自分探しの旅。インターネットなどで情報を収集するだけでなく、できるだけ多くの企業を訪問して職場の雰囲気を体感したり、先輩から話を聞いてみたりして、自分に合ったところを見つけ出すことが大切だと思います。「ちょっとつらいなあ」という時は家族や友達にたくさん頼って、元気をチャージしてください。皆さんと〈ながしん〉で一緒にお仕事できることを願っています!

‹ もどる