採用情報

先輩インタビュー

生まれ育った街の活性化に貢献できるような仕事を。そんな思いから選んだテラーの仕事。

〈ながしん〉に入庫を決めた理由

父が経営している会社と家族のメインバンクだった〈ながしん〉は、私にとって幼い頃から親しみのある存在でした。そんな長浜信用金庫が就職志望先になったのは、大学時代に「黒壁スクエア」でアルバイトを経験したことがきっかけ。城下町のたたずまいや、人情味あふれる商店街の方たちとのふれあいを通じて長浜の魅力を再認識し、卒業後はこの街の活性化に貢献できるような仕事がしたいと考えたのです。長浜信用金庫ならその思いが実現することを、就職活動中に先輩職員や面接担当の方々の話からも実感。入庫が決まった時は飛び上がるほどうれしかったのを覚えています。

私は今、こんな仕事をしています

入出金、振込、税金のお支払いなど、お客様のさまざまなご用件を窓口で承るテラー係を担当しています。迅速丁寧な事務処理はもちろん、会話の中からお客様に合った金融商品をご提案することも大切な仕事。やみくもに商品のご案内をするだけでは、お客様に興味を持っていただくことはできません。そこが難しいところなのですが、先輩の接客をお手本に、ご家族構成や価値観、ライフスタイルなどに思いをめぐらせ、おすすめした商品がご契約に結びついた時にはやりがいを感じます。加えて、お客様との関係が一度きりで終わらないのも、この仕事の大きな魅力。まだまだ未熟な私ですが、少しずつ名前で呼んでくださるお客様が増えてきたことがうれしいこの頃です。

未来のワタシ

先日、仕事でミスをして落ち込んでいる私に、あるテラー係の先輩が「私も経験してきたことだよ」と励ましてくれました。私が働く七条支店はご来店いただくお客様の数が非常に多く、とても忙しい職場なのですが、それでも先輩方はみんな、笑顔や周囲への気配りを絶やさず、私たち後輩のことも温かくフォローしてくださいます。そんな素敵な先輩方に少しでも近づき、そしていつか後輩がたくさんできた時、私も憧れられるような存在になることが目標。その日のために、テラー係としての専門知識やコミュニケーション力を高めるとともに、人間性も磨いていきたいと思います。

就職活動中の皆さんへ

働き始めて改めて実感したのが、地域における長浜信用金庫のネームバリューと、信頼の厚さ。お客様からはしばしば「〈ながしん〉だから安心」というお言葉をいただきます。先輩方が堅実に、丁寧に積み上げてきたそうした評価を、私も職員のひとりとして大切に受け継いでいきたいと考えています。
〈ながしん〉は大きな組織ではありませんが、だからこそ、一人ひとりを温かく見守り、きちんと評価もしてくれます。当金庫に少しでも興味を持っていただけたなら、ぜひ説明会に参加してみてください。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています!

‹ もどる