採用情報

先輩インタビュー

信金の渉外係は、暮らす地域がもっと好きになる仕事。お客様からの「相談してよかった」の言葉が励みに。

〈ながしん〉に入庫を決めた理由

「生まれ育った長浜で、地域の人と関わる仕事がしたい」「在学中に取得した2級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を生かしたい」という二つの希望から、地元の金融業界を中心に就職活動を行いました。その中で出会ったのが長浜信用金庫。地域経済を永年にわたって支え続ける「縁の下の力持ち」で、安定した経営基盤を持っているところに魅力を感じ「私もここでがんばってみたい」と思うように。教育研修制度が充実しており、着実に自己成長していけると感じたことも当金庫を選んだ理由のひとつです。

私は今、こんな仕事をしています

当金庫の営業エリアである湖北地域のお客様に対して、預金や資産運用、融資のご提案を行うのが私の仕事。お客様は個人の方から事業者様、法人様まで多岐にわたり、ご提案する内容もさまざまです。特に大きなウェイトを占めるのは設備資金や運転資金といった事業性資金のご融資。長浜信用金庫の顔として取引先を訪問し、経営層の方と商談する責任は重くプレッシャーもありますが、自分よりはるかに人生経験豊富なお客様から教わることも多く、日々新たな気づきが得られます。

やりがいを感じる時

さまざまな事情で資金を必要としているお客様に、できるだけ柔軟かつ速やかにお応えするには、関連部署との密な連携が欠かせません。その働きかけがうまくいき、お客様の暮らしや事業のお役に立てた時はとてもうれしいです。「ありがとう。おかげで助かったよ」「清水さんに相談して良かった」といったお言葉が励みになりますね。そして、このような日々を積み重ねる中で、地域への愛着がより一層深まりました。渉外係は、暮らす地域がもっと好きになる仕事です!

就職活動中の皆さんへ

真新しいスーツに身を包み、就職活動に奔走していた大学4年の頃を懐かしく思い出します。周囲の友だちと比べると順調とは言いがたく、くじけそうになることもありましたが、金融マンとして働く自分自身をイメージしてモチベーションを高めていました。皆さんもぜひ、前向きな気持ちを大切にしてください。「なりたい自分像」を持ってまっすぐに進めば、きっと運命の仕事に出会えると思います。
〈ながしん〉は「長浜が大好き」という方にはぴったりの組織です。さまざまな金融サービスを通して地域の発展に貢献していく喜びを、私たちと一緒に味わいましょう。

‹ もどる