〈ながしん〉からのお知らせ

でんさいの残高証明書発行サービスについてのお知らせ

現在、でんさいの残高証明書発行サービスについては、「定例発行方式」と「都度発行方式」を取り扱いしております。
つきまして、3月決算時期を迎えるにあたり、3月末を基準日とする発行請求のお申込みが増加することが予想されることから、お客さまにおかれましては、事前にお申込みいただけ手数料も割安な「定例発行方式」をご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

「定例発行方式」をご利用いただくためには、発行基準日までにお申込みしていただく必要があり、発行基準日経過後は、「都度発行方式」によるお申込みとなりますのでご注意いただきますようお願いいたします。
なお、発行基準日当日に「定例発行方式」をお申し込みされる場合は、事前にお取引店までご連絡いただきますようお願いいたします。

定例発行方式と都度発行方式の主な相違点

 

【定例発行方式】

【都度発行方式】

発行方法

①お客さまが指定された申込日以降の基準日(未来日付)に定例的に発行することが可能
②お客さまが指定された申込日以降の基準日(未来日付)に1回のみ発行することが可能
③お客さまが指定された申込日以前の基準日(過去日付)のみ発行が可能
請求方法

・定例的な発行(上記①)をお申込みいただいた場合は、次回以降のお申込みは不要

・残高証明書を必要とする都度、お申込みが必要
発送期間 ・基準日から15営業日以内に、でんさいネットから簡易書留にて発送 ・でんさいネットが請求を受け付けた日から15営業日以内に、でんさいネットから簡易書留にて発送
注)お客さまからの申込受付後、でんさいネットが請求を受付けるまでには一定期間を要します。
発行手数料 2,160円 4,320円
発行基準日 申込日以降の日付(未来日付)のみ指定可能
注)請求期限(指定可能な日付)は、金融機関により異なります。
申込日以前の日付(過去日付)のみ指定可能

 ※発行手数料には郵送料、消費税が含まれます。

定例発行方式と都度発行方式の発行事例

定例発行方式

①  お申込日以降の基準日(未来日付)の残高証明書を定例的に発行したい場合
   (事例) H27年3月1日に、発行基準日を毎年3月末日に指定して申込み
        ⇒3月末日を基準日とした残高証明書を毎年定期的に発行

②  お申込日以降の基準日(未来日付)の残高証明書を1回のみ発行したい場合
   (事例) H27年3月1日に、発行基準日をH27年3月31日に指定して申込み
        ⇒H27年3月31日を基準日とした残高証明書を発行

 都度発行方式  

③ お申込日以前の準日(過去日付)の残高証明書を発行したい場合
   (事例)H27年4月1日に、発行基準日をH27年3月31日に指定して申込み
        ⇒H27年3月31日を基準日とした残高証明書を発行

でんさいの残高証明書発行サービスの詳細について

でんさいの残高証明書発行サービスの詳細については下記をご覧ください。
「でんさいの残高証明発行サービス」(PDF 205KB)
「残高証明書」(でんさいネットのホームページにジャンプします。)